『なぞの宝庫・南極大陸』
100万年前の地球を読む

Contents


巻頭カラー
@南極:厳しくも美しい世界
A未踏の南極大陸2800キロメートルを行く
  日本-スウェーデン合同南極トラバース

はじめに


第1章
南極大陸を3次元で見る
19世紀まで人跡未踏であった南極大陸の素顔
氷床の下に隠された100以上の湖
コラム 昭和基地の半世紀

第2章
南極大陸の歴史を俯瞰する
ゴンドワナ大陸から南極大陸へ
どこまでも南を目指す男たち
南極を目指した日本人探検家白瀬矗
ゴンドワナ大陸から南極大陸へ

コラム 大陸移動説とプレートテクトニクス

第3章
南極氷床はどんな世界か
南極大陸の氷の増え方と減り方
厚さ数千メートルの氷が“流れる”しくみ
雪は数千年をかけて氷に生まれ変わる
南極氷床の氷の量を測定する試み
コラム 日本隊の雪上車/南極大陸への空路/南極の雪と氷/南極氷床の表面/なぜ煙は横にたなびくのか?

第4章
氷床から過去の地球環境を復元する
厚さ3000メートル以上の氷床を掘り出す
過去数十万年の中で現在は温暖な時代
1万8000年前の複雑な温暖化と寒冷化
地球の気候変動はなぜ起こるか
コラム 氷床コアの大深度掘削/過去の地球環境を復元する別のツール/ミランコヴィッチ・サイクル

第5章
南極に秘められた地球史
南極大陸はなぜ「砂漠」と呼ばれるのか
日本隊が掘り出した深さ3000メートルの氷コア
ローレンタイド氷床とアガシ湖
氷床が融けると世界の海面はどれだけ上昇するか
コラム 南極大陸のカタバ風/研究者のリレーに支えられる南極観測

補遺
南極点の「ジオデシック・ドーム」/「南極条約」の存在理由


おわりに


トップに戻る