現代最高の科学者へのインタビュー特集
知の巨人

Contents

●DNA二重らせん構造の発見者・ソーク生物学研究所教授
フランシス・クリック
フランシス・クリックの“2つの秘密”

●「電弱統一理論」を完成させた物理学者・テキサス大学教授
スティーヴン・ワインバーグ
科学者の永遠の夢「究極理論」を求めて

●最大の社会的影響力を行使する言語学者・MIT教授
ノーム・チョムスキー
言語をもたない人間は人間ではあり得ない

●オクスフォード大学教授・動物学者
リチャード・ドーキンズ
種はすべて絶滅し、遺伝子のみが不滅である

●「クオーク理論」のノーベル賞物理学者・サンタフェ研究所所長
マレー・ゲルマン
宇宙はなぜ「複雑さ」を増し、進化し続けるのか?

●ダーウィン進化論の牙城を攻撃する2人のスーパースター
スティーヴン・J・グールド/リチャード・ルウォンティン
利己的遺伝子説は間違っている


●オクスフォード大学教授・数学者
ロジャー・ペンローズ
意識は「量子重力理論」で解明できるか?

●ビッグバン理論を救う“魔法の理論”のパイオニア・MIT教授
アラン・グース
闘い続けるインフレーション理論

●「散逸構造」の開拓者・国際ソルヴェイ研究所所長
イリヤ・プリゴジン
物理学に“時間の矢”をもち込むチャレンジ

●「宇宙文明数方程式」の生みの親・コーネル大学教授
フランク・ドレーク
私はなぜ「地球外文明」を探すのか?

●分子生物学の世界的リーダー・マックスプランク研究所教授
マンフレッド・アイゲン
進化を突き動かす「自己組織化」の力

●マサチューセッツ大学教授・生物学者
リン・マーギュリス
「共生説」で闘う最強の女性生物学者

●カーネギーメロン大学モービルロボット研究所所長
ハンス・モラベック
超知能ロボットから人類絶滅へのシナリオ

●プリンストン大学教授・遺伝学者
リー・シルヴァー
遺伝子科学が生み出す“第2の人類”の時代