経営学のすべてがわかる本
Contents

折り込み■経営学(経営管理理論)の系譜
独占インタビュー■MIT教授レスター・サロー
「日本には為すべきことを為す意思が欠如している」
第1章/経営学7つのケーススタディ
@マイクロソフト  競争相手を圧倒し続ける究極の力は「競争心」である
A ウォルマート  小売業界の大巨人の光と影
B エンロン  巨大エネルギー企業の出現と崩壊
C ワールドコム  市場最大の会計スキャンダル
D ダイムラークライスラー  メルセデスの自動車会社を“世界企業”にする戦略
E ボーイング  試行錯誤の巨大航空機企業
F ハイアール  徹底した市場経済を実践する中国型マネジメント
第2章/世界15の経営理論の系譜
科学的管理の原理
管理過程の理論
ゲーム理論
オペレーションズ・リサーチ
ゴミ箱理論
欲求5段階理論
期待理論
X理論Y理論
Z理論
知識創造の理論
エクセレント・カンパニー
インクリメンタリズム
コンティンジェンシー理論
ドイツ経営学(経営経済学)
ドラッカーと経営理論
第3章/経営学とは何か
経営学はいかにしてつくられたか  三戸 公 立教大学・中京大学名誉教授
第4章/最新の経営学を知る
1980年代〜現在に見る経営理論の成功と失敗  安部悦生 明治大学経営学部教授
失敗した管理者と成功した管理者  森谷正規 放送大学教養学部教授
日本的経営の“普遍的パワー”を再発見する  橘川武郎 東京大学社会科学研究所教授
「ドイツ型マネジメント」の重苦しい光と影  ハインツ・ホライス ジャーナリスト

■読み物風・カタカナ経営学用語

トップに戻る