21世紀の知を読みとく
ノーベル賞の科学【化学賞編】

Contents


●ノーベル化学賞受賞者・巻頭インタビュー
|1|サー・ハロルド・クロトー教授
宗教と“科学の心”―― 若者へのメッセージ
|2|野依良治教授
日本の高等教育システムを変えなくてはいけない

第1章■2008年ノーベル化学賞
下村 脩
クラゲの発光物質の発見が導いた生化学の新時代

第2章■2007年ノーベル化学賞
ゲルハルト・エルトゥル
「表面化学」をいっきに前進させた男

第3章■2003年ノーベル化学賞
ピーター・アグレ/ロデリック・マキノン
細胞膜の「水チャネル」と「イオンチャネル」を発見

第4章■2002年ノーベル化学賞
田中耕一
生命の基本「たんぱく質」の質量を測る

第5章■2002年ノーベル化学賞
クルト・ヴュートリヒ
巨大なたんぱく質分子の立体構造を描く新しいNMR


第6章■2001年ノーベル化学賞
野依良治
「キラル触媒」で化学産業を変革した日本人

第7章■2000年ノーベル化学賞
白川英樹
電気を通すプラスチックの発見者

第8章■1996年ノーベル化学賞
ハロルド・クロトー/リチャード・スモーリー/ロバート・カール
WフラーレンWを発見した男たち

第9章■1993年ノーベル化学賞
キャリー・マリス
DNA研究をいっきに前進させたPCR法を発見

第10章■1989年ノーベル化学賞
シドニー・アルトマン/トーマス・チェック
「RNA」の新しい理解を導いた若き生化学者

第11章■1988年ノーベル化学賞
ハルトムート・ミヒェル/ヨハン・ダイゼンホーファー/ロベルト・フーバー
光合成たんぱく質の立体構造をはじめてとらえる

第12章■1981年ノーベル化学賞
福井謙一/ロアルド・ホフマン
「フロンティア軌道理論」で化学反応のプロセスを説明

第13章■1977年ノーベル化学賞
イリヤ・プリゴジン
「散逸構造」と「複雑系」の真のパイオニア


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ノーベル化学賞・全受賞者一覧
(1901〜2009年)