21世紀の知を読みとく
ノーベル賞の科学【生理学医学賞編】

Contents


第1章■2008年ノーベル生理学医学賞
リュック・モンタニエ
エイズウイルスの真の発見者を見極める長い道程

第2章■2008年ノーベル生理学医学賞
ハラルド・ツア・ハウゼン
子宮頸がんを引き起こすパピローマウイルスを発見

第3章■2007年ノーベル生理学医学賞
マリオ・カペッキ
「遺伝子操作」の道を切り拓いた寓話の主人公

第4章■2005年ノーベル生理学医学賞
バリー・マーシャル/ロビン・ウォレン
自らピロリ菌の実験台となった研究者の執念

第5章■2001年ノーベル生理学医学賞
リーランド・ハートウェル
細胞分裂の周期のしくみを解明する


第6章■2000年ノーベル生理学医学賞
アルヴィド・カールソン
ドーパミン:脳内のメッセンジャーの発見

第7章■1998年ノーベル生理学医学賞
ロバート・ファーチゴット
バイアグラ誕生を導いた情報伝達物質としての一酸化窒素の発見

第8章■1997年ノーベル生理学医学賞
スタンリー・プルシナー
BSE(狂牛病)とクロイツフェルト・ヤコブ病の病原体プリオンを追い求めて

第9章■1995年ノーベル生理学医学賞
クリスティアーネ・ニュスライン-フォルハルト
“生命の奇跡”を解き明かした女性科学者
●ノーベル賞受賞者・単独インタビューAクリスティアーネ・ニュスライン-フォルハルト
創造性は彷徨う精神からしか生まれない

第10章■1987年ノーベル生理学医学賞
利根川 進
抗原抗体反応の謎を遺伝子レベルで解明

第11章■1983年ノーベル生理学医学賞
バーバラ・マクリントック
“動く遺伝子”を発見した細胞遺伝学の女性パイオニア

第12章■1981年ノーベル生理学医学賞
デヴィッド・ヒューベル/トルステン・ヴィーセル
脳は視覚信号をどうやって映像化するか?
●ノーベル賞受賞者・単独インタビューAトルステン・ヴィーセル
日本と中国の科学研究の展望

第13章■1981年ノーベル生理学医学賞
ロジャー・スペリー
「分離脳」の研究から脳の秘密を探る

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ノーベル生理学医学賞・全受賞者一覧
(1901〜2009年)