21世紀の知を読みとく
ノーベル賞の科学【物理学賞編】

Contents


第1章■2008年ノーベル物理学賞
南部陽一郎
おだやかなセンセイの「自発的対称性の破れ」

第2章■2008年ノーベル物理学賞
小林 誠/益川敏英
この宇宙の物質はなぜ存在するか――「CP対称性の破れ」に日本からの解答

第3章■2007年ノーベル物理学賞
ペーター・グリュンベルク/アルベール・フェール
「巨大磁気抵抗」の発見がもたらした技術革新

第4章■2003年ノーベル物理学賞
アンソニー・レゲット
超低温と超流動の量子力学的世界

第5章■2002年ノーベル物理学賞
小柴昌俊
「ニュートリノ天文学」誕生へのビッグステップ

第6章■2001年ノーベル物理学賞
カール・ワイマン/エリック・コーネル/ヴォルフガンク・ケターレ
冷たくもっと冷たく、極限まで冷たく、宇宙の最低温度の探求の行方


第7章■2000年ノーベル物理学賞
ジャック・キルビー
集積回路(IC)の発明が導いた21世紀的技術

第8章■1987年ノーベル物理学賞
アレックス・ミューラー/ゲオルク・ベドノルツ
高温超伝導の未来への約束

第9章■1984年ノーベル物理学賞
カルロ・ルビア
ウィークボソンを見つけた“ビッグサイエンス”の男

第10章■1983年ノーベル物理学賞
ウィリアム・ファウラー
スターダスト―重い元素はどのようにして生まれたか

第11章■1983年ノーベル物理学賞
スブラマニアン・チャンドラセカール
白色矮星とブラックホールをめぐるインド生まれの物理学者の闘い

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ノーベル物理学賞・全受賞者一覧
(1901〜2008年)