『原子力ルネサンス』
エネルギー問題の不可避の選択
Contents


プロローグ
スリーマイル島原発の記録と記憶
ニューヨーク発スリーマイル島行き
スリーマイル島原発事故の際の最高責任者の判断

第1章
脱原発と原子力ルネサンス
原発批判はどこまで結実したか
原発の発電量はTMI事故当時の3倍増

第2章
批判者と推進者のクロスロード
反原発の戦士が原子力のチャンピオンに
「ガイア仮説」を提唱した科学者と環境学者の新たな原子力観

第3章
原子力ルネサンス、それとも悪夢?
アメリカ、フランス、中国、ロシア、インドの原発計画
アメリカ:超大国が必要とする原発の数
フランス:電力の80パーセントを原発で供給
中国:2030年には86基、計画中141基の原発超大国へ
ロシア:エネルギー資源大国のエネルギー不足
インド:2050年には現在の100倍の原子力発電?
図解◆原子力発電所の概念図

第4章
スウェーデンとドイツ:脱原発はどこへ行ったか
スウェーデンは「国民投票」で何を決めたのか?
ドイツの「緑の党」はどこまでエネルギー政策を動かせるか?

第5章
エネルギー戦略と現実のギャップ
原子力回帰の最大の理由
アメリカ、中国、ロシア&ヨーロッパのエネルギー戦略

第6章
原子炉は「第3世代」「第3プラス世代」へ
原子炉の進化を眺める
安全思想の大転換の時代に入った原子炉設計
コラム◆ソ連型(チェルノブイリ型)の黒鉛減速炉

第7章
ウラン資源は100年分か1万年分か
原子炉の燃料を供給する国と必死に求める国
ウランは売り出しと同時に言い値で完売?

エピローグ
日本のエネルギー問題よコンニチハ
日本のエネルギー戦略の行方
石油依存からの脱却のプロセス
日本を月面の「静かの海」から眺める

補遺
アメリカの新しいエネルギー計画「宇宙太陽光発電所」まもなく出現?
チェルノブイリ原発事故の始まり
原子炉燃料になぜ「濃縮ウラン」が必要か